二重整形でパッチリ目元美人【大きな目がチャームポイント】

医師

目元の美容治療

目

手術方法

一重まぶたには理知的に見えるというメリットがありますが、地味な印象になってしまいがちなのは紛れもない事実です。また、近頃は目元にポイントを置くメイクが流行していますが、一重まぶたの人に似合うメイクではありません。そのため、悩んでしまうケースが少なくありません。 一重まぶたを二重にするために、アイプチを使う人がたまにいますが、あまり望ましい方法ではありません。なぜかというと、接着剤の成分でまぶたの皮膚が傷んでしまう可能性が高いからです。生まれつきの二重まぶたであれば、目を伏せた時に二重のラインが目立ってしまうようなことはありません。でも、アイプチを使っている場合は目を伏せた時もまぶたの一部がくっついたままになっていますので、使い方によっては不自然な印象になってしまうことがあります。 自然な印象の二重まぶたになりたいのであれば、美容外科クリニックを受診してまぶたを二重にする美容整形手術を受けるのが一番です。美容整形手術を受ければ、違和感のない美しい二重まぶたになることができます。手術を受けるのは怖いと考える人が多いですが、最近の美容整形手術はメスを使わない方法が主流になりつつありますので、あまり心配する必要はありません。二重整形手術の場合も、埋没法という名前の手術を受けるようにすれば、メスで皮膚を切られてしまう心配が無用になります。

手術料金

美容外科クリニックの治療は、健康保険の適用を受けられないのが普通です。美容外科クリニックの中には保険診療を取り扱っているところもありますが、そのようなクリニックを利用した場合でも、二重整形手術に保険が効くことはありません。なぜかというと、たとえまぶたが一重になっていたとしても、それが原因で目が見えなくなってしまうわけではないからです。病気を治すのではなく、見た目をよくするための治療を受けることになりますので、保険の適用を受けることができません。したがって、結構まとまった額の出費を迫られることになります。 ただし、埋没法という名前の二重整形手術であれば、それほど高額の出費をせずに済ませることができます。メスでまぶたに切れ目を入れる切開法による二重整形手術を受ける場合は、両目で30〜40万円程度の費用がかかるケースが多いです。でも、埋没法による手術であれば、両目の治療でも10万円以下の費用負担で済ませられる可能性が高いです。目元の見た目をよくするために30〜40万円もの大金を出すことなどできないという人が少なくありませんが、10万円程度であれば何とかなるというケースが多いです。そのため、学生を中心にして埋没法による二重整形手術を受ける人の数が増えてきています。ただし、まぶたに大量の脂肪がついて厚ぼったくなってしまっている人の場合は、埋没法による手術でキレイな二重まぶたにすることができません。なぜかというと、手術を受けても奥二重になってしまう可能性が高いからです。そのような人は、多少費用がかさんでしまいますが、切開法による手術を受けるようにした方がよいです。